ぶぅメモ

都内在住さいとーさんのライフハック。

最新の記事一覧

MENU

初心者におすすめな投資信託、老後に備える投資を始めよう

投資ってなんか楽しみな反面ギャンブル的な匂いもしますよね。いつもチャートとにらめっこしてここだ!というタイミングで売買をして利益を得るそんなイメージなのではないでしょうか。
 
 
やってお金を稼げたらいいけどリスクをとってまで別に投資しなくてもいいかなと思いやってみたいとは思いつつも手をつけていませんでした。 しかし今や年金制度が破綻しており老後資金は自分で蓄えておくしかない時代が到来しました。 そんなこといったって国がなんとかしてくれるんでしょと思っていませんか?僕も思ってました。だって毎月多大な税金おさめてるし年金もおさめてるし。

 
しかし国がなんとかしてくれる時代はもはや過去の話です。 内閣府の公表している資料によると2050年には日本の人口は1億人を下回ります。

 

f:id:buchan326:20150129222335j:plain

第1節 高齢化の状況|平成26年版高齢社会白書(概要版) - 内閣府  
 
我々は現在の団塊世代を支えるために年金を払い、そして我々が受給をうけるころにはおそらく受給年齢は70以上に引き上げられているでしょう。ここで年金を払いたくないというのはNGです。それぞれが助け合うために必要なのですから。  
 
そして、人口減により税収入が減るため年金の支給金額自体も減らされる可能性もあると思います。その時の経済状態が超デフレでもない限り生きていくのは厳しいと思います。まして賃貸住居に住んでいた場合家賃及び食費で支給額を使い切るもしくは不足するでしょう。  
 
昨今結婚しない選択をする人も増えてきている中どうやってそんな時代を生き抜けばいいのでしょうか?  
 
その答えを僕は投資だと思います。    
投資の中でも働く世代におすすめしたいのが投資信託です。  
 

投資信託とはどんな投資なのか?

世界の債券や株式に分散投資できる金融商品です。いきなり訳がわからないと思います。簡単にいうと一つの株に投資をするのではなくいくつかの地域の株や債券に少しずつ投資をしましょうということです。ではなぜそんなことが必要なのかということを考えるために1種類の株だけに投資した場合を考えてみましょう。  
 
仮に1種類しか株を買っておらずその株が暴落した場合、あなたの資産は一気に目減りし最悪の場合0円になります。しかしこれを複数の株や債券に分散して投資していた場合はどうでしょうか?ある株は確かに目減りするかもしれませんが他の資産が残るため比較的ダメージは少なくなります。そういったリスクを最小化するためにも分散投資が必要になるのです。 また投資信託と個別株の一番の違いは運用をプロが行ってくれるということです。  
 

投資信託の積み立ては500円〜10000円と小額から始められる

f:id:buchan326:20150202142618j:plain

photo credit: jDevaun.Photography via photopin cc
投資だと資金は100万とか、200万とかないと始められないかもって思ってませんか? 
 
投資信託は最近はネット証券で500円から積み立てることが出来るところも出てきています。また投資信託のいいところは毎月積み立てが出来るところです。個別株でも「るいとう」という仕組みがあり積み立て投資が可能ですが先ほども述べたように個別株の場合、リスクが大きく終止値動きを見ていられるような仕事でない限りはおすすめできません。 なぜ積み立てがいいかというと人間は意思の弱い生き物だからです。 
 
今月は飲み会が多かったから投資お休みしようかなとか欲しいものがあるから今月は止めとこうといった具合に人間は何か他の欲求が出てきた場合、横道にそれがちです。しかし自動的に毎月引き落とされるようにしてしまえば残ったお金で生活するしかないといった具合にある種の強制力が働きます。確かにどうしても出費が必要なときもあるでしょう。そんな場合は、投資信託も絶対解約できないわけではないので必要最低限のみ解約とし残りは老後の資産形成のために残しておくようにしましょう。 
 

積み立て購入することでタイミング分散し高掴みをさける

投資について調べている人なら一度は「ドル・コスト平均法」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。 
 
ドル・コスト平均法というのは簡単に言ってしまえば安いときに多く買い高いときには少ない口数で買い付けを行うことで購入価格を均していきましょうという方法です。 

f:id:buchan326:20150202132413g:plain

出典元:セゾン投信

また積み立て購入によるメリットはそれ以外にもあります。一番のメリットは投資による不安の軽減ではないでしょうか。投資を始める際に気になるのは資産が大幅に目減りしないのか本当に増えていくのかだと思います。そういった意味でも積み立てによる購入はドル・コスト法によるタイミング分散購入そしてプロによる運用といった意味でも安心度は他の投資より高いと思います。  
 

投資信託はどこで始めたらいいの?

なんかサラリーマンでも問題なくできそうだしはじめてみたいけどどこで始められるのか?そういう疑問がわいてくると思います。投資信託の数は現在数千本あります。そんな中から自分にあった商品を選択できるのでしょうか? 
そこでおすすめしたいのがセゾン投信です。

投資信託を購入する際の販売手数料がかからないものをノーロードファンドといいます。 セゾン投信は長期投資を目的としたファンドですので短期での利益確保をしたい場合には他の会社を選択したほうがよいでしょう。  
では数ある証券会社の中でセゾン投信なのか? 
その理由はいくつかありますが長期投資における条件の「信託期限が無期限」「利益分の再投資」「ノーロードファンド」を含む以下全ての条件を満たすところはセゾン投信を含め数本しかありません。

  • 商品がシンプル(2つの中から選択) 

  • 販売手数料がかからない(ノーロードファンド) 

  • 長期投資を目的としている経営方針(短期売買を繰り返させる会社もあります) 

  • 海外分散投資することでリスク軽減(国内だけの場合、リスクも上昇する)

  • 信託期限が無期限(期限付きの場合、期限が満了で一旦払い戻されます)

  • 発生した利益を次ぎの投資にまわしてくれる(元本を増やしていくことが大切)

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!

最新版 投資信託はこの9本から選びなさい―――30代でも定年後でも、積立だけで3000万円!

 
また僕のように老後の資金さらには子や孫に残せる資産形成といった場合には数十年単位での長期視点が必要になります。1年で◯◯%儲かった!といっても翌年にはマイナス成長のこともあります。セゾン投信はそういった短期での取引で一喜一憂するのではなく長期投資で資産形成をという方針です。そういった意味でもおすすめ出来る証券会社だと思います。

セゾン投信の投資信託
投資信託
 
 

まとめ

f:id:buchan326:20150202143042j:plain

photo credit: Baha'i Views / Flitzy Phoebie via photopin cc
老後が不安だけどなかなか投資となると腰が重たい人が多いのではないでしょうか。ライブドアショック、リーマンショックなど多額の資産が一夜にして紙くずになった投資の話を聞いている人はなおさらだと思います。 
 
日本人はお金に関する教育を全くないといっていいほど受けていません。そのためお金に働いてもらうといった投資については不安が大きいのもわかります。 
しかし不安だからといって何もしないでいても誰も助けてはくれません。わからないのであれば勉強をしましょう、安心した老後を迎えるために今、勇気ある一歩を踏み出す必要があると思います。 
 
安心した人生を過ごせるかどうかなあなたの決断しだいです、投資を始めるのであれば早い年齢からの投資がおすすめです。 
まずは月数千円からの投資でもよいのではじめてみませんか?

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)

忙しいビジネスマンでも続けられる 毎月5万円で7000万円つくる積立て投資術 (アスカビジネス)

広告を非表示にする